新発想プロダクツ実用化サテライト

メディカル・ヘルスケア機器をつくる

メディカル・ヘルスケア機器を
ゼロベースでご提案

切断機メーカーの技術資産と機器開発で培った
独自のネットワークを活かし、
医療・ヘルスケア向けに特化した事業を展開します。
「アイデア創出からソフト・ハードまで」
対応の受託(共同)開発事業と
「自社ブランドの開発品」の2本立てで、
持続可能な社会・世界へ貢献してまいります。

夢物語を実在の機器へ
0(ゼロ)スタートで今を超えていく

私たちが新たに参入するのは、医療やメディカルケアの分野で
「社会や人の暮らしに役立つモノ」です。
そういったものの多くは、「世の中にまだないモノ」であり、
今そこにある課題を解消するため、
時代が要請するモノでもあります。
また、ハードやソフトの技術的制約や、
課題へのアプローチの発想がなかったため、
日の目を見ずに机や倉庫にそっとしまわれた
X案件かもしれません。
私たちの挑戦は、「冒険ではなく、すぐそこにある夢」を
現実化することです。

メディカル・ヘルスケア機器をつくる

“切断機メーカーの最後の砦”を表明する
モノづくり企業の新たなチャレンジ。

当事業部の母体であるワイエイシイダステックは、
切断機メーカーの“最後の砦”として、
新素材や難素材の精密切断技術の研究と装置開発で
社会貢献を果たしています。
その知見により得たメカトロニクスにより、
医療やヘルスケア分野へ向けた新装置の開発に着手し、
成果を生んでまいりました。
その開発過程において、大学、研究機関、企業の開発部門など
多彩なネットワークを構築することができ、
その知見を活かした
新製品開発事業部( 新発想プロダクツ実用化サテライト)」を
発足させる運びとなりました。

ハード/ソフト技術と産官学のチーム化により
世にない機器や装置を0(ゼロ)から創り出す。

当サテライトは、
切断機で培った高度な製造装置づくりの技術やノウハウ、
制御用ソフトウエアの開発・製造を基盤に、
大学や民間企業の研究機関、公的検証機関との
技術マッチングにより、
世の中にない新しい発想の医療やヘルスケア機器を
“0(ゼロ)”から創り上げます。
産官学を当社のセールスエンジニアが束ね、
商業ベースの製品化をめざしてカタチにします。

受託開発
事 業

唯一無二

当サテライトでは、医療やヘルスケア分野などにおける、
「世の中に未だ無いモノ」を
具現化するサポート事業を展開しています。
アイデアのとりまとめやコンサルテーションだけはなく、
カタチにするための製造技術やソフト開発までサポートし、
場合により補助金の選定・申請業務や仲介、
協業社のリサーチなど、
具現化まで幅広くトータルにご提供可能です。

産官学
新発想プロダクツ 実用化サテライト
  • □ プロジェクト参画
  • □ チームマネジメント
  • □ 製品化企画
  • □ ハードウエア開発・試作品製造
  • □ 制御用ソフトウエア開発
  • □ 技術マッチング
  • □ スケジュール管理
  • □ 販売チャネル開拓
  • □ マーケティング、販促支援

自社開発品
紹 介

医療や研究分野にイノベーションを
もたらす“世界初”のプロダクツが続々

0.08mmの毛髪
一刀両断

ヒト毛髪・繊維片スライス装置 Bio Slicer DBS501 KATANA
職人技だったセッティング、スライス作業を
誰でも簡単に完全プロトコル化

“熟練技”や“職人技”とされた、毛髪など生体片や繊維の縦方向への「超微細スライス加工」を誰でも簡単、かつ迅速に行えます。
『Bio Slicer DBS501 KATANA(バイオスライサーKATANA)』は、これまで高難度とされていた「縦断面試料」の製作を容易にし、毛髪による薬物検出や微細繊維片の観察に不可欠な縦断面スライス作業の標準化が図れます。

出展:福島大学農学群食農学類 食品科学コース イメージング研究所  平修 教授
ヒト毛髪・繊維片スライス装置 Bio Slicer DBS501 KATANA

ウイルス
1分超高速検出

研究開発中!

わずか約1分でウイルス感染リスクを
検知可能な小型デバイスをめざし開発中

インフルエンザウイルスやノロウイルスを凝集誘起発光物質に吸着後、光信号により発光させることで、外部磁石に合わせて動くことが観測されています。
この「外力支援型バイオアッセイ技術」を採用し、構造がシンプルで誰でも操作できる試作モデルを完成。病院や介護施設、食品工場、学校、空港などあらゆる場所での感染症予防対策実現をめざし、製品化に向けた研究開発を進めています。

※当事業は、NEDOの「超微小量センシング技術開発で新サービス創出に貢献するテーマ」として採択され、当社「株式会社ワイエイシイダステック」と「国立研究開発法人産業技術総合研究所」「コニカミノルタ株式会社」「国立大学法人埼玉大学」により開発を進めています。

持続可能な社会へ

持続可能なモノづくりによって
地域社会と国、地球環境保全に貢献

Sustainable Development Goals

当サテライトは、
SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)を意識した事業展開を行います。
SDGsを意識した新規事業創出やモノづくりを心がけ、
省庁・地方自治体、学究機関、民間企業など
パートナーとの協働・連携をはかり、
SDGsに準じた企業活動を展開いたします。
モノづくりの技術やノウハウを活かしながら、
SDGsをサポートし続けてまいります。